学習支援センターの役割について

多くの学校や団体などで設立されている学習支援センターには目的があり、それは設置されている場所によって異なっています。
学校に設置されている場合には、講師や経営者による勉強や学生生活をさらに楽しく学んでもらおうという願いがあります。
またレポートの作成に関することや悩み相談といったカウンセラー的なことも行っているため、学生にとっては欠かせない存在となっています。
次は塾のように学校外にある場合の学習支援センターの役割ですが、こちらは少し意味合いが異なってきます。
こちらの場合は学校内に関係した悩みや勉強が手につかない方の利用が多い傾向があり、そんな人をサポートする目的や役割があります。
特徴として、教員が教師の資格を所持していたり臨床心理士といったプロのカウンセラーなどが在籍していることが多いです。
またいずれも無料で利用できる場所となっているため、悩み事などがある方を中心に利用されていることが特徴です。